代表挨拶

クレッシェンド音楽教室のレッスンには3つの大切なポイントがあります。

1,自分で楽譜を読むことで音楽を楽しむことができます。

2,美しい音、心に響く表現を大切にした演奏ができます。

3,音楽を一生楽しむことができるようになります。

この3つの指導ポイントのとおり、生徒さん全員が自分で楽譜を読んで演奏しています。楽譜には作曲者から演奏者への大切なメッセージがたくさん書いてあります。楽譜を自分で読むことが出来ればひとつひとつの音や記号の意味、その曲の全体の構成までじっくりと考えて弾いていくことができます。クレッシェンド音楽教室では、美しい音で心から歌わせて弾くことを大切にしてレッスンを行っています。美しく歌わせて演奏することを覚えた子どもたちは、心から音楽を感じて演奏し、その演奏は聞く人を感動させます。

一つ一つの音に心を込めた素晴らしい演奏をたくさんお楽しみいただけると思います。

クレッシェンドのコンサートは、曲のバランスなどを考慮して全て教材順になっていますので、演奏テクニックは少しずつ難しい曲になっていきます。また表現力もきちんと響く音を出した演奏、強弱をつけた演奏、フレーズを歌わせて弾く演奏と少しずつ高度になっていきます。しかし、心から音楽を感じた演奏は、テクニック的に易しい曲か難しい曲か、年齢が高いか低いかは全く関係なく、聴いてくださる人の心に届く演奏になります。

 これからも音楽の感動を一人でも多くの方にお伝えできるよう講師一同頑張っていきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

クレッシェンド音楽教室主宰

斉藤 浩子